スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RSS購読者数を簡単に調べる方法

今回はさまざまなサイトを回る人やブログなどの管理人や
周りのサイト&自分のサイトの評判が超!気になって夜も眠れないw自分のようなw
というような人にとってはものすごく気になる

RSS購読者数を簡単に調べる方法を説明します!


ちなみにRSSフィードについてよくわからない人には簡単に言うと
ブログならそのブログの最新記事などを
簡単な概要とタイトル情報を複数のサイトなどを登録して簡単に読みまわすことができるという
システムサービスという風に思っておけばOKです。

あと、購読と書いていますがこれは登録と同じ意味だと思っていただいてOKです。
実際に買って読むわけではありませんので、登録といったほうが正確かもしれませんね

管理人の説明で納得できなかった人&詳しく知りたい人はコチラ
詳細は続きからどうぞ
はじめに

さてさて、RSSの購読数を簡単に知る方法を説明する前に

なぜ?RSS購読者数でそのサイトの評判がわかるのでしょうか?
少し管理人と一緒に考えてみましょう

RSSフィードとはながい記事の説明などを飛ばして最初の概要だけを簡単に表示させている
サービスというのはRSSを使い慣れた人なら既にご存知だと思います。

ですがいったいどのような人がRSSに登録するのでしょうか?

自分のようなサイトの例では
RSSの利用者は一般的にはサイト管理人が登録することが多い

というような感じがします。
例えば自分のようなサイトではツールやら今のようにPC関連の情報を配信しています。
早い話が情報を配信するという点では自分と同系のサイトなどが多いようです。

いろいろな一般の解釈では優良なRSS購読者ならば大体同系の サイト管理者も同じように
RSSに登録されている
といわれているぐらいですから。

最初の頃に購読者としてRSSに登録する人は基本的には同系のサイト管理人が多いです。
ですが。本当に大きく知名度の高い&長い期間のブログサイトなどになると
RSS購読者には一般のユーザー(利用者)も含まれてきます。

一般的な解釈で言えばRSSとは厳選されたリンクならぬ
厳選された利用者から選ばれたサイトといえるでしょう

ですが近年では異常なまでにRSS登録者数を多く見せるために
いろいろ細工をしているサイトもあるというのが現状です。
(特に企業とか団体とか個人の収益サイトとか)


コレは人の心理をついた、いわば

周りがそうなら自分もRSS購読してみよう

という人間の心理をついているといえます。


ですが、よーく考えればそのサイトは果たしてユーザーにとって有用な記事があるのか?
というように考えれば、実際に選ばれているなどの場合は記事を見れば大体わかりますし

あくまでもRSS購読者数とは評価を確かめる一つの要素でしかない
ということです。

それでも、やはりりRSS購読者数は一つの評判を決めるといっていいものなので
知って置いて損はないでしょう。

ちなみにRSSフィードマーク←このマークはインターネットを多く利用している人ならば結構見たことは
多いと思います。実はこのマークこそ全世界共通でRSSの配信という意味を示しています。
それでは下記からRSSの講読者数を調べる方法を説明しましょう。




実際にRSS購読者数を調べてみよう!

それでは実際に購読者数を調べてみましょう
方法は簡単です。


以下のサイトに

ウェブスカウター

にて通常のURLを入力すればそのサイトの大体の
RSS購読者を簡単に調べることができます。

自分の場合はこうなりました。
Sun EternityのRSS登録者数&さまざまなブックマーク数

ここではRSSというよりははてなブックマークなどが中心的に表示されますが
RSSの購読者数もしっかりと表示されますので(Livedoor)有用です。

調べれるRSSはライブドアだけですがライブドアRSSは全体的なPCユーザーにとっても
幅広く使われているので大体フィードの評価はわかります。




FeedBurnerを使って調べてみよう!

FeedBurner

コチラもRSSの統計情報を調べることができます
ログイン(登録)が必要ですがかなり正確なRSSフィードの購読者数のデータが得られるので
個人的にはかなりオススメです。
余談ですがFeedBurnerはグーグルから買収されたようですね。




GoogleReader(グーグルリーダー) での
RSSフィード購読者数を調べてみよう!


グーグルリーダーでRSSフィードの購読者数を調べるには
まず、グーグルのログインIDが必用です(グーグルリーダーを使うため)
なお、グーグルのログインIDを持っていない人はコチラから登録手続きを行ってください。

最近ではグーグルリーダーのRSSフィード使用率も増えているので
コチラも確かめている価値は十分にあるといえます。

それではグーグルリーダーでのRSS登録者数を調べる方法を説明します。


1・グーグルリーダーの画面にて登録フィードを追加の横にある一覧をクリックします

2・上のほうのフィードの発見と検索のしたにあるブラウズをクリックします

3・下のほうにある検索とブラウズの画面にて調べたいサイトのフィードURL
入力してフィードの検索を押します

自分のサイトの記入例:「http://annkokunokizinn.blog116.fc2.com/?xml」


ちなみにRSSフィードURLの調べ方ですが
色々なブログの隅っこや下にオレンジ色の「RSS」「RDF」「XML」「ATOM」と
書いてあるボタンや「Syndicate this site (XML) 」、「RDF」などと書かれたテキストリンクが
あると思います。それがRSSです。見つけたらクリックするとRSSフィードURLが表示されます。

当サイトの場合はRSSのリンクが右のほうに表示されていますので(最近記事のRSS
そこから簡単にブラウザのURLを見て確認することができます。

Firefoxユーザーの場合のRSSの調べ方は
RSSフィードを配信しているサイトではRSSフィードマークのマークがURL入力場所の横に表示されますので
クリックすれば簡単にそのサイトのRSSが調べることができます。




ちなみに、当サイトSun Eternity(サン エター二ティ)でのグーグルリーダーでの
RSS講読者数はこのようになりました。
グーグルリーダー登録者数


おっ!自分以外にも登録者がいた!?§^∠^§  よくやった!!感動した!!  s^v^s


「ウソだ!これは管理人の画像編集で偽造された罠だ!こんなサイトが
RSSに購読されるはずがない!故にこんなの無効だ!!」


と・・・おっしゃる方は実際に調べてみてください(汗><)

それにしてもRSS講読者がいるというのは非常に嬉しいことですね。



・・・というわけで自分が良く回るサイトのRSS購読数も調べてみました。



すると・・・…




(´Д`驚)…!!



一言「みなさんやっぱりすごいですね・・・(うじうじ)さすがに全!俺が泣いた」





RSSサービスサイト一覧

今回紹介したRSS登録者数を簡単に調べる方法ですが
RSSフィードサービスサイトって実際にはどんなのがあるの?

という方もいると思いますので以下はフィードリーダーサービスを行っているサイトを記載します

* RSSリーダーRich
* フレッシュリーダー
* ウェブリリーダー
* Yahoo!RSSリーダー *人気
* Weble(ウェブル)
* Bloglines
* ECRealReader PCflashVer.
* Google Reader *人気
* はてなRSS *人気
* プレイステーションポータブル
* DELCO READER
* livedoor Reader *人気
* Fastladder (livedoor Readerの英語版)
* HanRSS
* FeedShow
* playon RSSリーダー
* NewsGator Online
* goo RSSリーダー
* Infoseek RSSリーダー *人気
* エキサイトリーダー *人気
* G10 Reader
* MOHAYA リーダー
* MODIPHI

本当にすごい量ですね!
ちなみに管理人はグーグルリーダーを使用させていただいています。
結構軽くて扱いも簡単&検索が良い!個人的にはグーグルリーダーがオススメです!




後書き:本当の意味で有用なRSS利用者とは?

最後に一つだけ・・・

何度もいいますが
RSS講読者数とはサイトの評判を決める一つの要素でしかないということです。

ただ”周りが登録しているから自分も登録する”というのではなく
実際にどのようなサイトが自分にとって有用か?ということを良く考え、
そして見極めて利用していくのが

”賢いRSS利用者”になるということです。

賢いRSS利用者が増えるとWEB上においても本当の意味での有用な記事を
検索することがよりシンプルに行えると同時に、情報の流通も有用な内容が
どんどん良い方向へ厳選されていき、その他ユーザーにとって
とても有用な情報を残せるようになります

みなさんも、なんでもかんでも登録してしまうRSS利用者になるのではなく
”本当の意味で有用な記事とは何か?”
を考えてこのように賢いRSS利用者というものを目指しましょう。
コメント

No title

4人のうち1人が自分ですね。すばらしいエントリーだと思います。

やっぱり

ありがとうございます^^

RSSに最初に登録されるのが
同じサイト管理者系統という読みは
結構確かなようですね

他のサイトでも同じような現象が起きてますし
回覧者の立場から言ってもやはり
同系統のブログ管理人と思われる方ですし、

早い話が同じブログ系統の方は
そのブログに対する情報が早いという結果ですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。